topimage

2017-04

耐久号の心臓 その2 - 2008.07.09 Wed

エンジン1


えーと・・・なに?これ。






エンズィ~ン






ピカピカになったよ♪




W氏から携帯にバンバン送られてきた画像集ですが、

マネージャには、何がなにやらさっぱり・・ いや面目ない!

きっさんに解説して!とお願いしたら、「よぉわかりません」と言われた ``r(^^;)ポリポリ

解説者、求む!

スポンサーサイト

● COMMENT ●

呼ばれて出てきて、ジャジャジャジャ~ン。
ハクション大〇王でごじゃるよ・・・

古い?
ってか、リアルタイムどころか再放送でも見たことないんですけどね。

最初の画像
これはやっと分解清掃、研磨、面研、すり合わせetcが終り
組み上がったシリンダーヘッドでございます。

2枚目の画像
いらない(&死んだ)補記類を外し、これでもかっ!ってくらい大量についたドロ&オイルスラッジ綺麗に掃除したエンジンブロックです。

3枚目の画像
見ての通りの研磨したINポートなんですが、アルファロメオって何考えてエンジン造ってるんだ?って聞きたくなるようなバカでかい段付きがあってみたり、鋳造なのは分かってるんですが、肌がメジャーリーグで活躍してるゴジラ松〇がスベスベの肌に見えるくらいデコボコ・・・


以上の解説で分かっていただけたでしょうか?

オトたまぁ~♪

>W氏
解説ありがとうございました。
エンジン一部を分解清掃したということでよろしかったでしょうか?
ほえ~マツイね・・・ブラマヨの吉田よりも?(笑)

エンジンを ばらして判る イタ心

ホントに何を考えて作ったんでしょうねぇ?

とにもかくにも無事にのっかったみたいで、お疲れ様でした。

分解清掃+部分的に改造ってとこです。
ゴジラやブラマヨなんかアレとくらべりゃシャロンスト○ンやマライヤキャリ○と変わりない状態っす。
ポートの段つきも指で触るまでも無く、みるだけで「なんじゃこりゃ?」ってな位デカイ段付が・・・

それらを天使のように繊細に、悪魔のように大胆に切削&研磨!
おかげで指で触ってもツルツール!

ただ気がかりが・・・
原付や2輪エンジンを改造する時、必ずやってた燃焼室容積あわせ。出来なかった・・・
燃焼室の加工(エッジ取り、プラグ周辺の加工)出来なかった・・・

W氏

あなた、ひょっとして就職先間違えましたか?
一般人は、原付といえどエンジンは改造しませんね。たぶん。
車のエンジンを改造するところは、きっと仕事としてやっていますね。

やっぱ好きなんじゃね~ タイヤが付いてて走るヤツ(・∀・)

よくそのツッコミ、良く受けます。

私は、趣味を絶対に仕事にしない事を旗印にこの世に反旗を翻しております。

けど、今考えると仕事にしても楽しかったカナ?とチビッと思いますねぇ

期待をうらぎらんお人ぢゃ・・・

好きなことを仕事に出来るほうが楽しそうだけど、違うのかしら?
私の好きなことを仕事にした場合・・・

プータローかも♪ (´∇`)ケラケラ

そぉそぉ。

3枚目の写真を見て分かるとおり、TSエンジンのプラグって向きをちゃんと確認して付けないと、プラグスパークが完全に燃焼室の影部分に隠れてしまう構造なんですよね。ポイントはプラグ取り付けの時、2本がクワガタみたいになるように。
今回、エンジンばらして初めて分かりましたが、プラグが2本ついてるのは性能のためじゃなく、2本無いと点火出来ない為ぢゃ無かろうか?
ココの所もリューターで削ってちょっとでも点火しやすい様に&エッジを無くす(ノッキングやデトネ対策)したかった部分ですが、
削る→燃焼室容積デカくなる→圧縮下がる&4気筒揃えなきゃイケナイ→面研の意味無くなる&時間かかる→やーめた!

って事でしませんでしたが、やり残した感が残りますね…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://luckygarage.blog41.fc2.com/tb.php/72-34003cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新着情報 «  | BLOG TOP |  » 耐久号の心臓

Item

Comment

Category